5/12看護の日 

今日はナイチンゲール生誕の日であり、看護の日でもあります。

ナイチンゲールの名言の中にこんな言葉があります。


「どんな仕事をするにせよ、実際に学ぶ事ができるのは現場においてのみである」


机上で考えていてもなにも始まらないので、とにかく動くこと、考えるのではなくまず行動にかえていくことが大切だと私は思っています。

時々立ち止まるも必要ですが、一歩ずつ前に進んでいきましよう^ ^

アベノマスクの寄付

お客様の御家族で東京在住の方がいらっしゃいます。

先日お手紙と共に政府から配られたマスクをわざわざ送ってくださいました。

石川県はまだ配布されていないので、初めて見ました!

貴重なお品を本当にありがとうございました。

大切に活用させていただきます。

 

特定警戒地域

石川県は特定警戒地域になりました。

どこでもナースへのご依頼も影響を受けつつあります。。。

お客様の中には、人工呼吸器を装着した状態で外出や外泊される方もいらっしゃるので、

いまこの状況では、高リスクなので主治医も許可できませんし、見合わせるべきだとわたしも同じ考えです。

この状況でも休業はせずに、今だからできることを模索し考えながら、踏ん張って乗り切っていきたいと思います!

ちょっとした趣味(プライベート)

こんにちは!^ ^

代表の藤田です。

世間ではマスクが売られていないので、作ってしまおう!ということでミシンがすごく売れているらしいです!

わたしは物づくりが好きで、時々ものづくりをしているのですが、マスクを作るにもガーゼがほんとなくて、、、。

仕事で使うガーゼは多少備えはあっても、手はつけられません、、、。

そこで、家にあった布でブックカバーやポーチをつくってみました!

思い立ったらすぐやらないと気が済まない私は、時間も忘れて没頭しました^ ^

一部、逆さになってしまったところもありますが、ご愛嬌ということでお許しください。笑

時々お客様にもプレゼントしたりしているのですが、喜んでいただけるととっても嬉しいです^ ^

どこでもナースの感染対策 ー基本の徹底ー

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今日は、ご利用していただく皆様に少しでも安心していただけるよう、

どこでもナースでの感染対策について書きたいとおもます。

看護師は標準予防策(スタンダードプリコーション)を基本に考え行動しています。

標準予防策は、汗を除くすべての血液・体液、分泌物、排泄物、創傷のある皮膚・粘膜は伝播しうる感染性微生物を含んでいる可能性があるという原則に基づいて行われる標準的な予防策です。感染が疑われる、または確定しているかどうかに関わらず、医療が提供される場においてすべての患者さんに対して行われるものです。標準予防策の主な内容は、手指衛生(手洗い、手指消毒)、個人防護具(手袋、マスク、ガウンなど)の使用、呼吸器衛生(咳エチケット)ですが、その他にも、周辺環境の整備やリネン類の取り扱い、患者さんに使用した機材・器具・機器の取り扱い、安全な注射手技などが含まれます。

どこでもナースでは、サージカルマスクを始め、高性能マスク(N95)、ディスポーザブルのグローブ、フェイスガード、エプロン、ゴーグル、防護服、手指消毒用アルコールなど備蓄しています。

使用する血圧計や聴診器、酸素を測定する医療機器など、都度消毒しておりますのでご安心ください。

今回は一部の衛生用品の写真をアップします^^

 

基本は手洗いです!一行為一手洗いの励行!

汚染された手で、口や目などの粘膜を触らない!皆さんも気をつけてくださいね!

1